CONSEPT

アトウでは身体を個性の象徴と捉え、一つ一つのパターンにこだわりを持ち服作りに取り組んでおります。 全てのアイテムを立体裁断で作っているのも、フォルムはデザインであり、また身体という個性を意識させる シルエットを目指しているからです。男性らしさ、女性らしさに捉われて一本のラインを引くことなく、 「個々の個性を引き出す」という考えのもと物作りを行っております。 また、アトウでは服の全てにパタンナーネームをつけております。 これはデザイナーだけではなくパタンナーなどスタッフ一人一人が「良い服を作る」という目的のもと、個性を 生かした服作りを行っている象徴でもあります。 ato seeks in creating clothes that symbolize the individual's identity, making each pattern and style believable to the wearer. Solid cutting is used on the designs, aimed in creating a silhouette that awakens the character of the body. Instead of just crating a masculine or feminine line, Ato works in creating items from the mind, which in turn brings out the character. This attribute is further applied by giving a name to each pattern, not only for the designer, but so that the modelists and any staff involved in the creation will have a base and an understanding of the special character in each garment, consequently targeting the goal of making the best clothes possible.